bandeira do japao.jpg
USA FLAG.png

Daniel Baeder (ダニエル・バエデール)

ドラマー、ミキシングエンジニア、プロデューサー、作編曲家、ドラム講師、パフォーマー

 

1978年、ブラジル、サンパウロ生まれ。

4歳でピアノ、11歳でベースを始め、その後初めてドラムセットを手に入れる。12歳で既にプロのドラマーとして活動をし始め、14歳の時サンパウロの音楽学校でドラムを教え始めた。

15歳の時に南米で一番大きなドラムフェスティバル「Batuca」に参加し、4日間オープニングアクトを務めた。その後このイベントには6回参加。Dave Weckl、Jojo Mayer、 Dom Famularo、Virgil Donatiらなどの名だたるドラマーも参加した。

16歳の時に世界的に有名なロック・フュージョンバンド「O TERÇO」のドラマーに抜擢。

19歳の時にリリースしたこのバンドでのCDは、ドラムの演奏だけでなく、ほとんどの曲を作曲。

18歳の時にセルフプロデュースで1stアルバム「Abranda Raiva」をリリース。ドラムの演奏の他にピアノ、ベースも演奏し、そしてAbleton Live、Logic、Pro Tools、Cubase、Photoshop、Final CutやLemurなどの様々なコンピューターソフトも使用して作成している。

それ以降、世界中のフェスティバルや、連日様々なアーティストとのレコーディング、舞台から子供向け作品などの作曲やテレビ番組でのショーに参加。

2009年、シルク・ド・ソレイユにドラマーとして呼ばれ、ショー「Ovo」の創作段階から参加し、世界各地をツアー。その後、シルク・ド・ソレイユ初のブラジル人でドラマーのバンドマスターとして、同ショーでアメリカ全土をツアー。2017年、8年間のシルク・ド・ソレイユでのツアー生活を終わらせ、日本へ移住。

日本に活動の場を移して間もなく「横濱ジャズプロムナード」「中洲ジャズ」「すみだジャズフェスティバル」などのジャズフェスティバルや、クリヤ・マコト、安井源之新、納浩一とのバンド「RHYTHMATRIX」や小野リサなど様々な国内外アーティストのバンドに参加、そしてソロプロジェクトも再開し、2ndアルバムをリリース予定。

2019年 TEDx博多で「音楽を通じたコミュニケーション」について講演。

東京に「MANDA STUDIO」を開設し、プロデュース業や、Ableton Liveを使用したビデオやショーの制作を行っている。ミキシングエンジニアとしては定評があり、世界的エンジニア、オノ・セイゲン氏のSaidera Masteringのパートナーとしても活動している。

2018年マルセロ木村の「Samba a Distância」、2019年ベーシストである父親 Ricardo Sagiorattoと、サックス奏者である妻田口麻衣と「Três Tons de Sagi」をMANDA STUDIOで作成。演奏の他レコーディング・ミキシング・マスタリングエンジニアとして参加。

CANOPUSエンドーサー。